×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小串鉱山の夜
1日目。
朝に小串到着予定で群馬県と長野県の県境に向かう。
順調に行けば、家から大体5時間の予定。
関越の渋川伊香保インターを降りた頃には薄っすら空が白みはじめた。
このままだと朝日は無理だななんて考えながら草津に向かい車を走らせていると1台の車が煽ってくる。
「あぁなんか煽られてる」
そう思いながら信号の少ない山坂道を登っていく。
面倒だから譲ってしまえと思ったがなかなかパスさせるところがないので、仕方なくペースを上げる。
なんだか昔の感覚が甦ってくる。
久々に血が騒いでしまう。
そんな事を思いながらコンパクトカーで気持の良い走りを繰り出す。
後ろの車もノッってきたのか2台で楽しいドライブ(笑)
そんな事を続けながら約10km。
信号に引っかかったら、後ろの車は交差点角にあるコンビニ入ってしまった。
と、思ったら交差側の駐車場出口から出て行ってしまった。
「おいおい、なんだよ」
急にテンションがさがり再びのんびりドライブ。
渋川伊香保インターから草津まで約60km弱。
草津は有名だが意外と山深い場所にあったりする。
草津から更に1時間程、万座温泉を抜けて毛無峠へ。
インターから2時間半ほどのドライブは夜でないと渋滞などで疲れてしまうかもね。
無事に毛無峠入り口に差し掛かったところで唖然とした。
ruins05087005.jpg
な、なんだと…
ここまで来て行かれないだと…
うん、困ったどうしよう。
とりあえず長野県側に下りて温泉でも入ってゆっくり考えよう(笑)
ということで群馬県側から長野県側に向かい「万座みち」を下っていく。
そして行った場所は松川渓谷。
温泉だぜ〜
と当初の目的を忘れのんびり一人温泉に入る(笑)
ruins05087004.jpg
季節は秋ど真ん中。
紅葉バッチリの露天風呂だ〜(廃墟ではありません)
川の音に紅葉に白濁の湯。
なんとも贅沢なひと時だ。
ついでに内湯も行ってしまえ〜
ということで内湯に。
ruins05087003.jpg
朝早い所為か人が少ない。というか途中から1人になり少し熱めのお湯でのんびり。
(廃墟ではありません)
温泉を出てまだお昼にもなっていなかったので、近くにある温泉へハシゴ(笑)
1件目の温泉を出たところに露店が出ていることに気付いた。
ruins05087001.jpg
おでんときのこ汁だ〜
と、これまた絶品。
だいこんの色なんてもう素敵すぎる。

小休憩したところで2件目の温泉へ。注: 文字用の領域がありません!
ruins05087002.jpg
「滝の湯」(廃墟ではありません)
ここも露天があり、川の流れを聞きながら入る。
他のお客さんがいらしたので写真は撮っておりません。
ここでも一息つき、ぼんやりとする。
時刻は昼過ぎ。
「そろそろ出るか」
と松川渓谷を後にする。
「あ! そうだ! 小串どうすっかな」
次 へ