×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガリバー王国
1997年から2001年までのわずか4年間で閉園した幻のテーマパークが山梨県の旧上九一色村にあった。
img_7392.jpg
上九一色(かみくいっしき)村と聞いてピンと来る人も多いだろう。
そう、この地区はかつて「オウム心理教」の拠点サティアンがあった地区。
img_7394.jpg
上九一色村はオウム心理教の印象を払拭すべく、ここにテーマパークを造る事を決めた。
img_7403.jpg
1997年、開園
img_7400.jpg
開園当時は、オウム施設跡地利用というセンセーショナルな話題性から入場客は23万人にも及んだ。
img_7406.jpg
しかし蓋を開けてみると、利用客からは不満の声が多かった。
img_7409.jpg
何をするにも金がかかりすぎる、面白くない、店ばっかりでなにもない、等々。
次 へ